page top

ブログ

懐古  [仕事Vol.238]

安曇野市で、『設計室a-ray』(これでアライと読みます)

という名の設計事務所を構えている新井と申します。

 

 

先日住宅会社さんからの依頼で、

辰野町へ現地調査に行ってまいりました。

 

 

住宅は大正時代に建てられた家に、

様々な方向から増築をされた複雑な形態。

 

今回断熱工事の補助金の申請のために、

建物全体の形状を把握するための調査です。

3時間ほど掛けて測量いたしました。

 

大正時代ということは築100年ほどの住宅。

多少傾き等はありますが、

大事に住まわれていたんだな~と感じました。

 

こうやっていろいろなお家を見られるのは、

こういう仕事をしている自分にとって嬉しいことです。

 

さてさて、

図面を書きますか~。

←前の記事
前進  [仕事Vol.237]

設計室a-ray最新情報

バックナンバー